ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

『ダイエットの食事管理、なかなかうまくいかない・・・』

『ダイエット中の夜の食事って、準備するのがちょっと面倒だよね・・・』

そんな風に思っている方はいませんか?

もし、今あなたがダイエット中の夜の食事管理に悩んでいるのであれば、ぜひ《ヨーグルト》を取り入れてみてください。

ヨーグルトで本当に痩せるの・・・?と思うかもしれませんが、実はヨーグルトってダイエットにとても優秀な食材の一つなんです!

しかも、ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えるだけで効果が倍増♥

値段も安いですし簡単に続けられるので、これまで置き換えダイエットはなかなか続かなかったという方もきっと無理なく続けることができますよ。

今回の記事では、そんなヨーグルトをダイエット中の夜の食事に置き換える方法をご紹介。

さらに、ヨーグルトが持つダイエットへのメリット・デメリット、さらにヨーグルトを夜の食事に置き換える際の注意点なども細かく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヨーグルトで夜の食事を置き換えるとダイエットに効果的!

冒頭で、ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えるとダイエットに効果的とお伝えしましたが、『ヨーグルトだけで本当にダイエットに効果があるの?』と半信半疑な方も多いことでしょう。

しかし、ヨーグルトはまさにダイエットに適した食材と言えます。

もちろんヨーグルトそのものがヘルシーな食材であることも一つあるのですが、ダイエットへの効果を最大限に引き出すのは『夜の食事に置き換える』という方法が一番!

いつもの夜の食事をヨーグルトに置き換えるだけで、摂取カロリーを大幅に減らし体重を減らすことができます。

もちろん、ヨーグルト以外のものは何も食べず、間食もなしです。

ヨーグルトを夜の食事に置き換えるだけでダイエットの効果を得られるなんて、本当に手軽で簡単ですよね。

ただ、夜の食事をヨーグルトに置き換える方法は、ただ単にヨーグルトを食べればいいというわけではありません。

いくつかのポイントそして注意点を守り、正しい方法で行うことが重要となります。

このヨーグルトの置き換えダイエットは1食まるごとヨーグルトに置き換えるという方法なので、正しく行わないとダイエットにも逆効果となる可能性も・・・!

せっかくのダイエットが水の泡とならないよう、これからご紹介する『ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換える方法』をしっかり確認して、早速今日からチャレンジしてみましょう!

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換える方法とは?

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

安価でどこでも手に入る身近な食材のヨーグルト!

そんなヨーグルトを夜の食事に置き換えるだけで、ダイエット効果がぐーんとUP♥

これまで何をしてもダイエットの効果を感じられなかった・・・そんな方こそ、ぜひこのヨーグルトの置き換えダイエットがおすすめです。

しかし、先ほどもお伝えした通り、ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えてダイエットを成功させるには、きちんと正しい方法で行うことが大切!

そこで、ここからは《ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換える方法》としていくつかのポイントをご紹介していきます。

このポイントを守ることでダイエットへの成功率もUPするので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ヨーグルトを食べる時間帯はいつがいい?

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えるには、食べるタイミングが重要。

特に夜の食事をヨーグルトに置き換える時には、就寝する3時間前までには食べ終えておくようにしましょう。

1日の中で夜という時間帯は最も太りやすい時間。

ヨーグルトを食べた直後に寝てしまったり、22時以降に食べてしまうと体重が増える原因につながってしまいますので、必ず夜21時までにはヨーグルトを食べ終えておくのがベストです。

ヨーグルトを食べる量はどのくらい?

夜の食事をヨーグルトに置き換えるダイエットでは、食べる量を守ることも大切です。

目安としては200gを食べるようにしましょう。

市販で販売されているプレーンヨーグルトは大体1個あたり400~450g入っていますので、その半分くらいの量ですね。

ヨーグルトはヘルシーな食材なのでカロリーがめちゃめちゃ低いというイメージがあるかもしれませんが、意外とカロリーがあるので食べすぎると太る原因になってしまいますので注意しましょう。

夜の食事をヨーグルトに置き換える期間は?

ヨーグルトを夜の食事に置き換えてダイエットをする《ヨーグルトダイエット》は、体重が急激に減ることもありリバウンドする恐れもあるので行う時は1週間~2週間は続けるようにしましょう。

個人によって体重や体質が違うため多少差はあるかもしれませんが、夜の食事をヨーグルトに置き換えるダイエットを2週間ほど行うことで、3キロほど体重を減らすことが出来たという方が結構多いです。

もし、夜の食事をヨーグルトに置き換えて2週間経っても効果が見られない場合は、食べているヨーグルトのタイプに問題があるかもしれませんので、他のメーカーのヨーグルトを試すなどして続けてみてくださいね。

夜の食事をヨーグルトに置き換えする注意点

夜の食事をヨーグルトに置き換えて行うダイエットには、注意すべき点がいくつかあります。

それは

  • 食べすぎないこと
  • 砂糖などの甘味料をかけすぎないこと
  • 食べる時は必ずプレーンヨーグルトにする
  • 不向きと感じる場合はやめること

という点です。

まず、ヨーグルトを夜の食事に置き換える時は食べすぎないよう注意することがポイント。

ヨーグルトは極端に低カロリーであるというわけではなく、ある程度カロリーがあるので食べすぎるとダイエットの効果を期待することが出来ません。

また、食べすぎることでお腹を冷やしてしまったりむくみを引き起こすこともあるので、食べる時は必ず先ほどお伝えした通り200gを目安にして食べるようにしてください。

ただ、夜の食事にヨーグルトを置き換える際にはどんなヨーグルトでもいいというわけではありません。

もちろんダイエットが目的なのですから、甘味が付いている加糖タイプや脂肪分が高いタイプはNGです。

選ぶときは無糖のプレーンタイプを選びましょう。

プレーンは酸っぱさから苦手という方も多いかもしれませんが、ここで砂糖などの甘味料を使ってしまうとせっかくの置き換えダイエットが台無しになってしまいますので、味を変えたいときははちみつやフルーツをプラスして食べるようにしてくださいね。

さらに、一番注意していただきたいのがヨーグルトの置き換えダイエットが体質に合わないと感じた時はやめるようにするということです。

ヨーグルトは牛乳を主原料としていますので、普段牛乳などでお腹が緩くなる人やアレルギーを持っている方などは体調に影響がでる可能性があるので、注意しましょう。

\今なら20%オフ!も10%オフも選べる!/


 

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えるメリット

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

夜の食事を置き換えるだけでダイエット効果が期待できる優秀なヨーグルト!

そんなヨーグルトですが、凄いのはダイエット効果だけではありません。

食生活に取り入れることで、他にもいろいろなメリットがあるんです。

そこで、ここからはダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えるとどんなメリットがあるのかをご紹介!

ヨーグルトが持つ数々のメリットを知れば、あなたもきっとヨーグルトにハマること間違いなしですよ♡

メリット①お通じの改善

ダイエットは食事制限を行うことからも便秘になりがち・・・これはダイエットをしている人にとってはあるあるなことですよね。

しかし、ヨーグルトを夜の食事に置き換えてダイエットを行えば、そんなお通じ悩みも解消することが出来ます。

というのも、ヨーグルトは乳酸菌が豊富に含まれているからです。

乳酸菌は腸内で善玉菌を増やす働きをしてくれますので、便秘がちな方はヨーグルトを食べることでお通じをよくしたり便秘解消の効果も。

お通じがよくなればポッコリと出ているお腹も解消できますし、むくみを改善することもできるのでダイエットにも効果的です。

メリット②中性脂肪が増えるのを防ぐ

ヨーグルトには乳酸菌のほかにカルシウムも豊富。

カルシウムは主に骨や歯を強くする効果があるので、ダイエットにそこまで必要ないと思う方もいるかもしれませんが、実は中性脂肪が増えるのを防ぐ働きがあります。

というのも、カルシウムが不足してしまうと骨や脂肪からカルシウムが溶けだし、そこから中性脂肪が増えてしまうんです。

しかし、毎日の夜の食事をヨーグルトに置き換えてダイエットすれば、カルシウム不足による中性脂肪の増加を防ぐことが出来るので安心!

また、カルシウム不足は骨粗しょう症などを招く恐れもあるので、毎日ヨーグルトを食べて中性脂肪も病気も予防しましょう。

メリット③タンパク質が豊富

お通じの改善や中性脂肪の増加予防などダイエットに効果的なヨーグルトですが、さらに優秀と言えるのがタンパク質を多く含んでいるという点。

ダイエットをしている人にとって、タンパク質は必要不可欠な栄養素です。

タンパク質は筋肉を作る材料。

筋肉がつくことでキュッと綺麗なボディラインを作ることが出来ますし、脂肪や皮膚のたるみを防ぎ、さらに基礎代謝が上がって脂肪の燃焼も上がります。

ですので、ヨーグルトを食べてタンパク質を摂取しながら適度な運動を行えば筋肉がつきやすくなってダイエット効果もUPしますよ。

メリット④ストレスや不眠の解消

ヨーグルトにはストレスを減らし不眠を解消してくれるという嬉しいメリットも!

ダイエットをしていると何かとストレスもたまりがち・・・。

また空腹で寝られず不眠になっているなんていう方もいるかもしれませんね。

こうしたストレスや不眠は心や体調にも支障をきたしてしまいますので、ダイエットにはあまりよくありません。

さらに自律神経が乱れることで逆に太りやすくなってしまいますし、睡眠不足が続くことで便秘になってしまうこともあります。

頑張ってダイエットを成功させるためには、できればこのような状態になるのは避けたいところなので、ヨーグルトを食べる習慣をつけて太る原因につながる点を排除していきましょう。

メリット⑤少量でも満腹感が得られる

ダイエット中で食事制限をしていると物足りなさから空腹になってしまうこともしばしば・・・。

しかし、ヨーグルトは食べ応えも十分なので少量でも満腹感を得ることができます。

これまで夜の食事のあとに空腹で間食してしまっていた・・・なんて方もヨーグルトを夜の食事に置き換えれば間食を減らすことが出来ますよ。

もしヨーグルト単体ではやっぱり空腹になりそうと感じる場合も、ヨーグルトはいろいろなアレンジができますので工夫次第で満足感のある食事に変えることができますし、何より毎日飽きずに続けることができて、ダイエットのストレスも感じることがありません。


 

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えるデメリット

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えることには様々なメリットが発生しますが、実はデメリットもいくつかあります。

メリットがたくさんあることに対しデメリットはほとんど少ないものの、ダイエットを成功させるためにはヨーグルトの置き換えダイエットのデメリットも事前にしっかり確認しておくことが大切。

そこで、ここからは夜の食事をヨーグルトに置き換えるデメリットをご紹介していきたいと思います。

意外とカロリーがある

ヨーグルトという食べ物は低カロリーでヘルシー。

そんなイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、実はヨーグルトは脂肪分も含まれている乳製品ということもあり、意外とカロリーがあるんです。

無糖のプレーンヨーグルトでは100gあたり約65Kcal

とすると、目安である200gを食べれば130Kcalということになりますね。

普通に食事をすることを考えればもちろん低カロリーではありますが、夜は脂肪をため込みやすい時間帯です。

食べすぎてしまうと摂取カロリーがぐんと高くなってしまうので、十分注意しましょう。

ヨーグルトによって合う合わないがある

ヨーグルトを夜の食事に置き換えるダイエットでもう一つデメリットとなるのが、人によって食べるヨーグルトの《合う/合わない》があるということ。

ヨーグルトといえば今やいろんなメーカーから様々な商品が出ていますが、乳酸菌の種類はもちろん個人個人で腸内環境も違うため、すべてのヨーグルトが自分に合っているとは限りません。

ですので、自分に合ったものに出会うまではいろんなヨーグルトを試してみる必要があります。

まずは1つのヨーグルトで2週間くらい続けてみて、全く効果なし!というようであれば違うヨーグルトに変えて続ける・・・といった流れで進めていくようにしましょう。

ヨーグルトがダイエットに向いている理由

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

ヨーグルトを夜の食事に置き換えるとダイエット効果があるということをお伝えしましたが、そもそもなぜヨーグルトがダイエットに向いているのか?

その理由がちょっと気になりますよね。

そこでここからはヨーグルトがダイエットになぜ向いているのか、その理由を詳しくご紹介してみたいと思います。

腸内環境を整える効果がある

ヨーグルトがダイエットに向いている理由、それは腸内環境を整える効果があるからなんです。

ヨーグルトはみなさんもご存じの通り乳酸菌が豊富!

乳酸菌は体に良い働きをする腸内細菌で、いわゆる善玉菌とも呼ばれています。

そして、その乳酸菌は腸内環境を整えてくれる働きをしてくれるので、便秘を解消する効果も。

便秘は腸の機能を低下させ、さらに腸の栄養吸収率も低下させてしまいますから、消化できないまま残ってしまった糖分はそのまま皮下脂肪・内臓脂肪となり体内にため込まれてしまいます。

つまり便秘はダイエットに悪影響を及ぼすということですね。

しかし、乳酸菌を豊富に含むヨーグルトを食べることで腸内環境が整い働きが活発になるので、排出がスムーズになりポッコリとしたお腹を解消することができるんです。

また、腸の働きが活発になることで代謝もよくなり痩せやすい体になるので、まさにダイエットにはうってつけ!

便秘以外にも肌荒れを改善したり美容効果、さらには免疫UPの効果もあるのでヨーグルトはまさに私たちの健康には欠かせない食材と言えます。

ちなみに、1日の中で腸の働きが活発になるのは夜中の22時~2時と言われています。

夜にヨーグルトを食べることで就寝している間にヨーグルトの乳酸菌がしっかり腸に届いて腸内環境を整えてくれるので、ダイエット効果につながります。

\38%オフ!5,400円(税込み)で今なら試せる!/

>>>カロセーブで置き換え生活を始める<<<

体にあったヨーグルトの種類、乳酸菌の種類を試すのがコツ

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

夜の食事をヨーグルトに置き換えて行うダイエットを成功させるには、いくつかのコツがあります。

それは【自分の体に合ったヨーグルトの種類を選ぶ】【乳酸菌の種類を試す】こと。

先ほど、ヨーグルトの置き換えダイエットでのデメリットでもご紹介しましたが、ヨーグルトには人に合う合わないがあり、どれもがダイエットに効果的というわけではありません。

ですので、自分に合ったヨーグルトでダイエットを行うのが最大のポイントとも言えます。

また、ヨーグルトは乳酸菌の種類もいろいろとあるので、どんな種類があるのか、そしてどの種類が効果的なのかを事前に把握しておくとダイエットもスムーズに進めることができるので、ぜひこれからご紹介する2点をしっかり把握しておいてくださいね。

 

乳酸菌の種類を把握しておこう

まず、ヨーグルトの乳酸菌の種類についてですが、乳酸菌には様々な種類がありその数はなんと400種類もあると言われています。

その中からダイエットに効果を発揮してくれる乳酸菌はどれなのか・・・?

というのが一番気になるところですが、これは実は個人の体質によって異なるためどれが合う!とは断言できないのです。

ですので、あくまでも参考として代表的な乳酸菌をまとめてみたので、こちらをご覧ください↓

  • ヤクルト菌
  • ビフィズス菌
  • クレモリス菌
  • LG21
  • ビフィズス菌BE80株
  • LB81乳酸菌
  • ビフィズス菌BB536株
  • 乳酸菌シロタ株
  • ガセリ菌SP株
  • LGG乳酸菌
  • 乳酸菌CP1563株

など・・・

これはごく一部ですが、乳酸菌の種類の中でもポピュラーなものになります。

この中でも「ガセリ菌SP株」「LGG乳酸菌」内臓脂肪の蓄積を抑制する効果があり、ビフィズス菌なども体脂肪の減少効果などダイエットをサポートする働きをしてくれます。

脂肪分や糖分が少ないものを!

乳酸菌の種類を把握しておくことの他に、ヨーグルトを夜の食事に置き換える際には自分に合ったヨーグルトを食べることも重要です。

しかしながら、ヨーグルトの合う合わないは個人によって違ってきますので、こればかりは食べてみないとわかりません。

とはいえ、どんなヨーグルトでもいいというわけでもありません。

ダイエットに食べる時には脂肪分や糖分が少ない物を選ぶようにしましょう。

まず、必ず守るべきポイントと言えるのが《プレーンヨーグルト》を選ぶこと。

市販で売られているヨーグルトには加糖タイプのものや生クリームが入っているものなどダイエットには不向きと言えるものもあります。

これらのヨーグルトはカロリーはもちろん、脂肪分も高くなりますのでダイエットのためには甘味料が入っていないものを選ぶようにしましょう。

\もっと早く知るべきだったと思うはず!/

>>nosh公式ページでメニューの多さに驚いてみる<<

 

飽きずに食べれるヨーグルトのアレンジ方法

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

夜の食事をヨーグルトに置き換えてのダイエットは1~2週間続けることがポイントとなりますが、毎日の夜の食事がヨーグルトとなるとやっぱり飽きてしまいますよね・・・。

もちろん、ダイエットのためには無糖のプレーンを食べ続けることが効果的と言えますが、ダイエットは続けないことには結果は出ません。

飽きずに続けるためにも、ここはいろいろなアレンジ方法を試しながら毎日頑張って続けましょう!

ここからは、そんな飽きずに続けるためのヨーグルトアレンジ方法をご紹介していきます。

ホットヨーグルト

まず、1つ目のアレンジ方法は【ホットヨーグルト】

ヨーグルトは温めて食べることにより、栄養分を吸収しやすくなります。

さらに、ホットヨーグルトは体を温めてくれるので、胃や腸に負担をかけることもありません。

また、温めることで乳酸菌の働きが活発になるので、腸内環境を整えることができて代謝アップ効果も!

作り方はレンジで40秒ほど温めるだけなので、忙しい方でも簡単に用意することができますよ。

おからパウダー入りヨーグルト

2つ目のアレンジ方法は【おからパウダー入りヨーグルト】です。

ヨーグルトにおからパウダーを入れることで、悪玉菌の増殖を抑えるだけでなく、さらに善玉菌が存在しやすい環境づくりを行ってくれる効果もあります。

おからパウダーは食物繊維、大豆たんぱく質など栄養素が豊富。

さらに水分を含むと膨らむ特徴を持っているので、満腹感もアップしますよ。

作り方は、ヨーグルト100gにおからパウダーを大さじ3強くらい入れるだけ。

おからパウダーがなじむまでしっかり混ぜて食べましょう。

生姜入りヨーグルト

3つ目のアレンジ方法は【生姜入りヨーグルト】

ヨーグルトに皮をむいた生姜をすりおろして入れると、体を温めて冷えを改善する効果だけでなく、血行をスムーズにして代謝アップにもつながります。

生姜に含まれるショウガオールという成分には、脂肪や糖質の燃焼をサポートする効果もあるので、まさにダイエット中にはピッタリな食材です。

また、生姜には美肌効果もあるので、ダイエット&美肌ケアができて一石二鳥ですね!

シナモンヨーグルト

4つ目のアレンジ方法は【シナモンヨーグルト】

シナモンはビタミンB群、ナイアシン、カリウム、マグネシウムなど栄養素が豊富な調味料で、血流促進や必要のない水分を排出するためのサポートをしてくれます。

さらに、生姜と同様体を温めて冷えを改善してくれる効果があるほか、脂肪細胞を小さくしたり中性脂肪を減らしてくれるなどダイエットにもまさにぴったり!

ただ、シナモンにはクマリンという成分が入っており、過剰に摂取しすぎると肝機能障害を起こしてしまうリスクが高まる恐れもあります。

シナモン摂取量は1日大体8~10gが目安となるので、それ以上はかけないよう十分注意してくださいね。

アーモンドヨーグルト

5つ目のアレンジ方法は【アーモンドヨーグルト】。

ヨーグルトにスライスアーモンドをかけて食べると、アーモンドの食感で食べ応えもUPし満腹感を得られます。

また、アーモンドには食物繊維が豊富に含まれているだけでなく、血中の悪玉コレステロールを減らすオレイン酸や代謝を促すビタミンEも含まれていてダイエットにはぴったりな食材。

ヨーグルトと同様腸内環境も整える働きをしてくれるので排出もスムーズになります。

バナナヨーグルト

6つ目のアレンジ方法は【バナナヨーグルト】。

バナナとヨーグルトは相性バッチリな組み合わせで、味も美味しく食べ応えも抜群。

まさにダイエット中の夜の食事に置き換えるにはぴったりと言ってもいいでしょう。

ヨーグルトが乳酸菌によって悪玉菌を減らし、バナナの食物繊維&オリゴ糖で腸内環境を整える効果もさらにUP!

2つの食材を組み合わせた相乗効果で、ダイエット効果もより高まること間違いなしです。

\今なら20%オフ!も10%オフも選べる!/


 

ダイエット中の夜食としても活躍するヨーグルト

ダイエット中の夜の食事をヨーグルトに置き換えで効果倍増!簡単で安いから続けられる!

ヨーグルトを夜の食事に置き換えてダイエットを行う方法をご紹介してきましたが、実はヨーグルトは夜食としても大活躍する食材なんです!

もしヨーグルトを夜の食事に丸ごと置き換える方法に抵抗がある・・・という方は、こうした小腹がすいた時の夜食としてヨーグルトを摂取するのがおすすめ。

腸にはゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があり、22時~夜中の2時までの間に最も活発に働きだします。

このゴールデンタイムの前に夜食としてヨーグルトを食べておくと、この時間帯にヨーグルトの酸が腸を刺激してくれるので便秘を予防することができ、さらに腸が活発になることによって基礎代謝がアップして痩せやすい体づくりを目指すことが出来るんです。

食べる目安としては、置き換えと同じで1日200g。

そして、夜食として食べるときも必ず21時までに食べ終えておくようにしましょう。

22時以降は太りやすい時間帯になるので、注意してくださいね。

ヨーグルトは消化も良く安眠効果もありますので、夜食にヨーグルトを食べておけば睡眠の質を向上させることもできますよ!

\24%オフの3,980円で今なら送料も無料!/

まとめ

今回はダイエット×ヨーグルトに注目し、ダイエット中の夜の食事にヨーグルトを置き換える方法をご紹介してみました。

ヨーグルトは腸内環境を整えるだけでなく、ダイエットに必要なタンパク質が摂取出来たりさらには中性脂肪の増加を防いでくれる・・・などダイエットには嬉しい効果がたくさん!

腹持ちも良く少量でも満腹感が得られますし、アレンジすることによって毎日楽しくヨーグルトを食べ続けることもできます。

自分に合ったヨーグルトであれば1~2週間続けることで効果も見えてきますので、今ダイエット中でなかなかうまくいかないという方はこの機会にぜひ夜の食事をヨーグルトに置き換える方法を試してみてくださいね♪

\7食でまずは試してみるべし/